初心者でも作ることができる!

毎日少しずつでも出来る!オリジナルのシルバーリング

アクセサリーの定番として人気の高いシルバーアクセサリー。リングやペンダントなど様々な商品がありますが、今回はそのなかで初心者でも簡単に作れるシルバーリングのお話をしたいと思います。
それが「純銀粘土」を使った作り方です。純銀粘土とはその名の通り、銀でありながら自由に形が変えられる粘土状の素材のことで、最近では注目されている素材です。その純銀粘土を使って思い通りのデザインのリングを作り、専用のポットで焼き上げれば完成。あとは磨くだけで市販されているものと変わらない自分だけのリングが作れるんです。専用の道具が必要となりますが、素材からポット、様々な工具までセットになった初心者向けのキットも通販で簡単に手に入るので安心です。
価格もノンブランドのリングを買うのと変わらないほどの低価格なので入門用としておすすめです。

さらにこだわるならロストワックスで

ロストワックスとはシルバーアクセサリーの製法のことで、商業レベルの製品の多くがこの製法で作られています。
まず専用のワックス(蝋)のブロックを自分のデザインに合わせて削ってゆき、原型を作ります。その原型を包むように石膏で周囲を固め、高温で熱します。そのさいに、あらかじめ作っておいた小さな穴から溶けたワックスが流れ出て、最後に石膏の型ができるという具合です。あとはそこに溶かしたシルバーを流し込めば、より複雑で強度もあるリングが完成するんですね。もっとも、この方法だと揃える道具は数も多く、大掛かりになりますから、素人の場合は原型だけを自分で作ってその後は専門の業者さんに任せるパターンが多いようです。
世界にひとつのオリジナルアクセサリーということで、一度ハマると虜になる人も多いこの世界。
まずは、焦らず始めてみてはどうでしょうか。

HP制作は無料のテンプレートを使用して作ることも可能なので、誰でも簡単に作ることができます。また、テンプレートを無料で提供している作成サイトもあります。