スマートフォンに対応したページが作れます!

スマホ向けのデザインを個人で作るのは難しくない

最近のスマートフォンの解像度はパソコンのモニターに匹敵しますが、画面の大きさがまったく違うのでパソコン向けのwebサイトのデザインだと、非常に見にくくなってしまいます。たとえば、画面を縦に分割して、左側に本文を、右側にメニューなどを表示するレイアウトのサイトは多いですが、このレイアウトをスマートフォンで表示するとメニューが狭い部分に押し込まれてしまうことになり、メニューの機能を果たせません。なので、スマートフォンでのアクセスに対しては、スマートフォン向けのデザインを見せるようにした方がいいんですね。
では、スマホ向けのデザインというのは個人でも制作可能なのかというと十分可能です。というのは、特別な技術は必要ないからです。

専用のCSSファイルをサーバーにアップする

では、スマホ向けのデザインのポイントはなにかというと、コンテンツ部分を広く取るということです。つまり、文章などが表示される範囲をできるだけ大きくするわけですね。なので、サイトのメニューはコンテンツの左右ではなく、必ず上下のどちらかに持っていくようにしましょう。
また、リンクはできるだけクリックしやすいようにするのも重要です。これはなぜかというと、スマホの場合はマウスを使ってリンクをクリックするというアクションができないからです。その代わり、クリックは指先で行うことになるので、うまくクリックできなかったり、別のところをクリックしてしまうことがないよう、目立つようにしましょう。
スマホ向けのレイアウトが決まったら、あとは必要なCSSファイルなどをレンタルサーバーにアップし、スマホのアクセス時にはそのCSSファイルを読み込むように設定すればOKです。